2010年01月16日

「政治に従い、淡々と」=撤収目前、指揮官らインタビュー(時事通信)

 【補給艦「ましゅう」(アラビア海)時事】海上自衛隊がインド洋で行っている給油活動の打ち切りまで残り1日。派遣部隊指揮官の酒井良第7護衛隊司令(47)=1等海佐=らは14日、補給艦「ましゅう」艦内で日本の報道陣の取材に応じ、「政治の決定に従い淡々と撤収する」と述べた。
 給油はここ数年、減少傾向にあり、昨年1年間は月平均6回で、同年10月は1回だけだった。酒井司令は「海域から補給艦1隻が消えることはある程度インパクトはあり、(各国の)惜しむ声はある」。無念さは感じられず、「テロ防止、根絶に間接的に貢献できた」と胸を張った。 

【関連ニュース】
【動画】第26回自衛隊観艦式
〔特集〕真珠湾攻撃〜ワレ奇襲ニ成功セリ〜
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
【特集】陸上自衛隊装備図鑑〜新型戦車、10年度配備へ〜
〔特集〕F22、F35のフォト満載! 軍用機ミュージアム

自公、地方参政権付与法案、異なる国会対応へ(産経新聞)
小沢氏の資金管理団体捜索=鹿島も、土地取引問題−東京地検(時事通信)
<訃報>エリック・ロメールさん89歳=フランスの映画監督(毎日新聞)
大阪・羽曳野市で男が銃を発砲 4人負傷(産経新聞)
<ボルナウイルス>進化に影響?4000万年前感染 ゲノムに遺伝子断片(毎日新聞)
posted by ドンダケタコス at 11:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

誰も孤独にしない町 阪神大震災から15年(産経新聞)

【復興の光と影 阪神大震災から15年】(下)

 独り暮らしの人が誰にも看取られずに住居内で亡くなる「孤独死」。阪神大震災では、発生直後から被災地に建てられた仮設住宅での発生が相次ぎ、独居者の健康ケアや地域コミュニティーの大切さがクローズアップされた。

 だが今も孤独死は続いている。震災から5年となる平成12年から昨年1月までの9年余りの間に、568人が被災者のために建設された災害復興住宅で孤独死した。兵庫県の65歳以上の人の割合を示す高齢化率は平成17年10月時点で19・9%と全国水準(20・1%)とほぼ同じだが、県内265カ所で約4万人が暮らす復興住宅に限ると、昨年の高齢化率は47・6%、独居率は51・5%にのぼる。

 県は生活援助員(LSA)が派遣されるシルバーハウジングの大半を復興住宅に組み込み、13年からは独自に高齢世帯生活援助員(SCS)も派遣。地域のコミュニティー支援を進めているが、「568」という数字が重くのしかかる。

 一方、昨年3月まで「孤独死」ゼロを10年間続け、全国から視察の絶えない復興住宅もある。芦屋市の埋め立て地に建てられた「南芦屋浜団地」。814戸中230戸がシルバーハウジング。現時点で、被災地で唯一LSAが24時間常駐している。

 LSAを派遣する高齢者総合福祉施設「あしや喜楽苑」には、地域に開放されたギャラリーや交流スペース、喫茶店があり、毎日100人以上が出入りする。入所者のほか、復興住宅を含む地域のお年寄りが、絵手紙や将棋などの「クラブ活動」や、お茶を楽しみに集まる。

 施設を支えるのは300人を超える地元のボランティア。運営法人「きらくえん」の市川禮子理事長は「24時間体制に加え、地域とのつながりが孤独死を防ぎ、復興住宅の活性化につながっている」と話す。

 震災で家を失い、家族を亡くした人も少なくない高齢者を“孤独”にしない取り組みは、他の復興住宅でも進む。そこには新たなコミュニティーも生まれている。

 11年に入居が始まった神戸市長田区の復興住宅「エヴァタウン海運」では、地域も一体となった「ふれあい喫茶」が月2回開催されている。地元のまちづくり協議会の浅山三郎会長(72)は「コミュニティーは、復興住宅の住民だけでは作れない」と、地域住民に積極的な参加を呼びかけてきた。

 クリスマス会も兼ねた先月23日の「喫茶」に顔をそろえたのは80人以上。「あの人どうしてんの」と、会話は自然に地域の人々の近況に及ぶ。上田義隆さん(72)は、復興住宅に移り住んだ当初は知り合いもいなかったが、喫茶を通じて町の行事や自治会活動に誘われた。昨年は夏祭りの防犯部員も務めた。

 「行事などに誘ってもらうと、住民の一員になれた気がする。安心して暮らせているのは、道で会えば『こんにちは』と言い合えているからですね」

 人を支えるのは人。15年前と同じことを今、改めて実感している。

     ◇

 この連載は木村さやか、佐久間史信、木ノ下めぐみ、塩塚夢が担当しました。

【関連記事】
【復興の光と影】(中)大震災から15年目 鎮魂イベントも“曲がり角”
阪神大震災から15年、雇用創出も地元置き去り
不況、孤独死…復興の街に消えぬ影
「課題残っている」 兵庫県知事が復興担当課の存続を表明
阪神大震災 「生きていたことを伝えたい」「みんなと一緒に」 思いもさまざま 25人の遺族ら

とある看護師のブログ
働き盛りの、農家ブログ
観葉植物観察日記
晴れ時々魚
もうすぐ1年大工奮闘記
posted by ドンダケタコス at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ハイファッション」「銀花」休刊へ(時事通信)

 文化出版局は13日、月刊ファッション誌「ハイファッション」が2月27日発売の4月号、季刊誌「銀花」が2月25日発売の161号を最後に、それぞれ休刊すると発表した。
 「ハイファッション」は1960年創刊。最近の発行部数は約4万部だった。「銀花」は70年創刊で、工芸や食文化など人間の手仕事に焦点を当ててきた。最近の発行部数は約2万5000部。同社は両誌休刊の理由を「不況と紙媒体からの読者離れ、ネットなど情報ソースの多様化」と説明している。 

【関連ニュース】
自動車誌「NAVI」休刊
「フォーサイト」休刊へ=新潮社
「学習」「科学」来春休刊=最盛期670万部
北日本新聞、夕刊休刊へ=富山
小学「五年生」「六年生」休刊=春に漫画学習誌創刊

s3k6ecqdのブログ
アフィリエイトの未来
モバイル ホームページ
債務整理
クレジットカード現金化
posted by ドンダケタコス at 11:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。