2010年01月18日

<在宅酸素療法>過去6年間に26人死亡…厚労省が注意(毎日新聞)

 厚生労働省は15日、在宅酸素療法で酸素濃縮装置などを使用中の患者が、たばこの火などに引火して焼死するケースが相次いでいるとして、都道府県や業界団体に注意喚起を依頼した。団体のまとめでは、過去6年間に26人が死亡。厚労省は「高濃度の酸素を吸入中に火気を近づけるとチューブや衣服などに引火するが、正しく使用すれば安全な装置」としている。

 肺の疾患で酸素濃縮装置などを利用する人は約15万人。一般社団法人日本産業・医療ガス協会のまとめ(09年12月時点)によると、03年10月以降、在宅酸素療法の患者の自宅で起きた火災により26人が死亡、1人が重症のやけどをした。

 高齢者が多く、原因(推定も含む)は喫煙が13件と多いが、線香をつける時やストーブでも起きている。【佐藤浩】

【関連ニュース】
郵便不正:村木被告の初公判27日に 厚労省元局長
厚労省:事前評価など有識者が担当…補助金交付
臓器提供:親族への優先、厚労省が運用指針改正
無料低額宿泊所:厚労省、運営費助成へ 優良施設を選別
糖尿病患者:生活習慣改善で脳卒中が減少 厚労省調査

橋下知事「首長や議員と新しい政治グループ」 数人が賛同(産経新聞)
運転しながら陰部露出=海自隊員、公然わいせつ容疑−神奈川県警(時事通信)
貴金属店に点検要請へ=多額窃盗受け、防犯対策検証−警察庁長官(時事通信)
【「あの日」の絵】明鏡小5年1組の震災(5)くずれさった台所 (産経新聞)
【from Editor】命の重さは…(産経新聞)
posted by ドンダケタコス at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。