2010年01月22日

寺に強盗、200万円奪う 複数の男ら、住職縛る 京都(産経新聞)

 22日午前3時ごろ、京都市南区西九条猪熊町の福田寺に複数の男らが押し入り、就寝中の住職の男性(62)と弟の副住職(60)の手や足を電気コードで縛ったうえ、「金、金」などと要求。男らは室内を物色し、住職の部屋にあった現金約200万円を奪い逃走した。けが人はいなかった。南署が強盗事件として捜査している。

 南署によると、男らは3、4人いたとみられるが、全員の性別や国籍などは不明。敷地内にある住居などの窓ガラス2枚が割られており、そこから侵入したとみられる。

 事件当時、住居には住職の母親(90)もおり、就寝中だったが縛られておらず、住職らの叫び声で犯行に気づき、午前4時半ごろ、そばにあった電話で110番した。副住職もほぼ同じころ自力で縛られていたコードをほどき、そばの交番に駆け込んだという。

 福田寺はJR京都駅の南西約800メートル。世界遺産・東寺(南区)の北東の住宅街の中にある。

 近くに住む無職、中条カヨさん(67)は「正月にお参りしたばかり。お寺でこんなことがあるなんて怖い」と話していた。

【関連記事】
寺からお布施など600万円盗まれる 静岡
寺の仏像4体盗まれる 滋賀県栗東市
賽銭ドロ未遂容疑で自衛官逮捕 長崎県警
お見事!高校球児が賽銭ドロ捕まえた
「小遣いが欲しかった」 賽銭ドロ未遂の男を逮捕

【視点】市有地に神社は違憲 新基準 政教分離訴訟どう影響(産経新聞)
体内に覚せい剤隠す=機内で苦しみ発覚、組員逮捕−大阪府警(時事通信)
<千葉大生殺害>前日、現場の部屋で1泊…関与認めた男供述(毎日新聞)
<派遣村>閉所 利用者の自立への道本格化へ(毎日新聞)
【中医協】勤務医対策、病院側の立場の違いくっきり(医療介護CBニュース)
posted by ドンダケタコス at 17:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。